AQUA English Preschoolについて

AQUA English Preschoolとは

AQUA English Preschoolのご紹介

AQUA English Preschoolとは

AQUA English Preschoolは、経験豊富な外国人講師と日本人講師が1歳~6歳のお子さまを英語で保育する新しいイングリッシュプレスクールです。

モンテッソーリ教育に基づいた豊かで奥行きのあるプログラムにより、子どもたち一人ひとりの興味の方向を明確にすることでさらに深く探求するよう導き、楽しく自然に英語を身につけるさせることができます。

子どもたちはAQUAでの豊かな生活を英語で過ごすことにより、日本語を覚えるのと同じように英語を習得していくことができます。


そもそも、プレスクールってなに?

日本でも近年よく耳にするようになった「プレスクール(プリスクールとも言います)」とは、英語で保育を行う施設のことです。「pre」とは「前」や「予備」といった意味で使われる接頭辞、つまりプレスクールとは、小学校に上がる前準備として通う保育施設のことです。

日本とアメリカでは教育の制度そのものが違うので一概に当てはめることはできませんが、アメリカでは一般的に小学校に上がる前の2年間を過ごす施設が「キンダーガーデン」、さらにその前準備として通うところを「プレスクール」と呼びます。日本においては2~5歳児がその対象となります。

日本で現在プレスクールと呼ばれている多くの施設は、保育園や幼稚園と同様2・3歳前後から小学校入学前まで通うことができ、基本的に英語で園生活を送ります。一般的な保育施設よりも英語などの教育に力を入れているほか多彩な教育カリキュラムを提供するスクールが多いのが特徴です。


「イマージョン教育」ってなに?

イマージョン(immersion)とは、「浸された」状態のことを意味します。
英語を語学として学習するのではなく常に英語でコミュニケーションする環境に浸って日常生活を送ることで、より自然に英語に慣れ、ゆくゆくは英語で考え自己表現ができるようになります。

日本では近年、教育特区などでイマージョン教育を行う小学校や中学校も登場し注目を集めています。また日本以外の、英語を第一言語としない国でもこのスタイルでの教育がどんどん増えてきています。


幼児期の英語って身に付く?忘れる?

“せっかくプレスクールで英語を覚えても、そのあとは時間の経過とともに忘れちゃうんじゃないかしら?”このご質問は特に多く寄せられます。プレスクール終了後の進路が一般の公立校などである場合ではなおさらです。

もちろん各ご家庭でその後の英語環境をどのようにキープするかによって、また個人によっても差が出てきますが、ひとつだけ言えることは、幼少期から英語に触れさせてきた子どもたちの多くが、幼児期ならではの純粋なリスニングと発音の能力を身につけているということ。そしてその後も英語やその他の言語に対しても苦手意識を持たず、少なくとも得意科目にしているという事実です。さらに、その子の素直な性質として異文化とのコミュニケーションを恐れない姿勢が獲得できれば、これからの時代を生きる上で大きな財産となります。また、たとえ一度英語をすっかり忘れてしまったとしても、大人になって再び学ぶ場合の学習速度がとても速いということを、私たちは経験談としてしばしば耳にします。

AQUAでは、午前中のプレスクールと連動した午後のプログラム・アフタヌーンクラスを活用していただくことで、小学校進学後も英語環境を保ち続けていただくことができます。AQUAで幼児期に体験する貴重な英語漬けの日々は、その後の英語習得の大切な下地を築いてくれます。

またAQUAで子どもたちが獲得するものは英語の力のみではありません。モンテッソーリの教育思想に基づいた子どもたちの興味を誘うカリキュラムと魅力的な数々の実験・実習や楽しいイベントを通じて、子どもたちは他では得ることのできない科学への関心や文化の素晴らしさ、協調性・社会性など様々なことを自らの肌で感じながら学び、互いに成長しあっていきます。

このように心に響く体験とともに脳に刻み込まれる言語は、成長しても完全に記憶から消し去られることはないのです。AQUAでの幼児期の貴重な体験は子どもたち一人ひとりにとってかけがえのない財産となるでしょう。


幼児期の豊かな人間形成と国際人の育成のために

グローバル化が進み、世界共通語である「英語」を使って外国の人とコミュニケーションする機会や、国際的な場で発言する機会は今後一層増えていくことでしょう。

幼い時期から日本語、英語両方の環境で過ごすことによって、子どもたちが将来臆することなく英語を使って世界の人々とコミュニケーションできる国際人の育成を目指します。さらに英語を通して日本以外の国々の文化や習慣に触れることで、日本の文化や習慣のすばらしさを強く意識することができ、広い視野と国際感覚をもった豊かな人間性を育むことができます。


「耳」と「体」で感覚的に英語を身につける

何語が母国語であるかに関わらず、乳幼児は両親をはじめとする周りの人々が話す音としての言語「ことば」を自然に習得していきます。

長年に及ぶ言語教育研究によって、そのような「音」からの言語習得には、ある程度の年齢的な限界があることがわかっており、この限界の年齢を言語習得の「臨界期」と呼びます。

英語の微妙な音の違いをより正確に聞き分けたり聞こえた音をそのまま再現して発音できるのは9歳頃までとされています。その年頃までの子供は音に対する感覚が特に敏感で、いわばスポンジのような脳はあらゆる音をどんどん吸収していきます。そのためこの時期に英語の音声をシャワーのように大量に浴びさせればさせるほど、よりネイティブに近い英語を習得しやすくなるのです。

実際のコミュニケーションによって身についた言語はそのまま自己を表現したり伝達するために役立つ、いわば「生きたことば」になります。大人になってから学習によって言語を取得しようとすると、正確に聞き取ることや発音することに大変な苦労を強いられますが、例えば、日本人の多くが不得手とするRとLの発音やCとKの聞き分けは、臨界期までであれば何の不自由もなく習得することが出来ます。子供の音に対する感覚の鋭さには驚かされるばかりです。

また幼児期は、言葉のリズムそのものを身体で直に感じながらどんどん言語を吸収していく時期でもあるのと同時に、幼児期以降も英語を好きになるかどうかを決める大切な時期でもあります。歌や絵本の読みきかせを通じて英語の音をたくさん聞かせてあげながら「英語って楽しい!面白い!」という印象を持ち続けていける環境づくりが何よりも大切であり、それこそがAQUAに与えられた最も重要な役割と考えています。


「英語」を「英語」で理解する「英語脳」を作る

AQUA English Preschoolでは、日本語は極力使いません。
子供たちがたとえ日本語で「これ何?」と問いかけてきても、ネイティブ講師は子供たちが知っている英語とジェスチャーを組み合わせて、英語を英語で理解することを促します。

これを繰り返していくと、子供たちは頭のなかで英語を日本語に変換することなく英語のままで意味を理解できるようになり、英語を自分の言葉としてどんどん吸収していきます。やがて日本語を一切介さず英語で聞いた言葉を英語のまま頭の中にイメージできるようになり、脳内に「日本語で考える領域」と「英語で考える領域」の両方が作られます。これが「英語脳」です。幼少期から日常的に英語に触れる環境さえ整えておけば、英語脳を作ることは可能なのです。


幼児期の英語教育

幼児期の英語習得において最も重要なのは「楽しむ」こと。「聞く・話す・読む・書く」の4つの技能のうち「聞く・話す」にほとんど全ての重点を置きます。ネイティブ講師は子どもたちのAQUAでの日常生活全てにおいて英語でコミュニケーションを図り、音楽・ダンス・クラフトなどのアクティビティから様々なイベントごとにおいても全て英語で引率します。このように日常の活動の中で使われる「ことば」を、子どもたちは「学習」とは捉えません。日常生活の中で自然に使われているので何の抵抗も感じることはないのです。また、会話の中で文法や発音を間違えたからと言って萎縮したり恥ずかしいと感じることもありません。幼少期の発達段階に合った英語体験はずっと記憶に刻まれ、生涯忘れることはないのです。



お問合せ・お申込み
専用ダイヤル
0263-87-7640 受付時間10:00〜17:00月曜日〜金曜日